勃起までに時間がかかる!そんな人にオススメの薬

レビトラはドイツの製薬会社によって開発された即効性のあるED治療薬です。
2003年に販売が開始され、日本では2004年に承認されています。
レビトラは世界で2番めに開発されたED治療薬で食事の影響を受けにくいのが大きな特徴です。
標準的な成人男性の1食分の食事であれば問題なく摂取できます。標準的な食事とはエネルギー量が700kcal以下で、脂肪分が30%以下の食事です。
牛丼の並盛りであれば、服用前に食べても問題はありません。

レビトラは水かぬるま湯で性行為の1時間前に服用します。
ただしレビトラには血管拡張効果があり、服用後は酔いが回りやすくなっています。
そのため服用後の飲酒は控える必要があります。

レビトラは食事の影響をあまり受けませんので、食事でアルコールを飲んでも問題ありません。しかしほろ酔い程度にしておきましょう。
また、食事の生協は受けにくいですが、やはり空腹時に服用するのが最も効果的です。
服用前に食事を摂った場合には2時間程度の間隔を空けます。
脂肪分が多い食事を摂った場合は、6時間から7時間程度の間隔を空ける必要があります。
エネルギー量が700kcal以下で、脂肪分が30%以下の食事であれば問題はないので、服用前に食事を摂る必要がある場合にはレビトラがおすすめです。

レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在しますが、一般的な病院では10mgと20mgを使用してED治療を行なっています。
即効性があり空腹時に服用すると約20分で効果が現れます。血中濃度が最大になるのは服用から約45分後です。
短時間で強力にペニスを勃起させることができます。即効性と強い勃起効果を求めるならばレビトラがおすすめです。
効果は服用から約45分後に最大になります。性行為の1時間前に服用するのが理想的です。

病院で処方を受ける場合には10mgが1錠あたり約1500円、20mgは約1800円かかります。
薬代の他にも診察料などが必要とされます。通販サイトを利用すれば安く個人輸入できるので経済的です。

レビトラは通販にも売っています

インターネット上には、海外から医薬品を個人輸入できる通販サイトが多数存在します。
通販サイトを利用すれば、レビトラも安く個人輸入できます。
日本国内でもレビトラは承認されており、病院でも処方を受けることは可能です。
しかし通販サイトで個人輸入すれば安い価格で購入でき、ED治療のコストが下がります。
通販サイトでは10mgも20mgも1錠あたり約1400円で販売されています。20mgはまとめ買いすればさらに価格が下がります。

レビトラは1箱あたり4錠入っています。
通販サイトでは20mgの錠剤を3箱まとめ買いすると、1錠あたりの価格は約1350円になります。
7箱まとめ買いした場合は1錠あたり約1280円です。日本国内でレビトラの20mgを処方してもらう場合の価格は、約1800円かかります。
ED治療は自由診療なので、病院によってレビトラの価格に違いが存在します。
1800円以上になる場合があり、さらに診察料なども必要なので総合すると1錠あたりの価格は3000円を超えます。

通販サイトを利用すれば20mgの錠剤が1錠あたり約1400円で購入でき、まとめ買いをすればさらにコストが下がります。
また通販サイトの中には購入金額に応じてポイントが付与されたり、送料が無料となるものも存在します。
ED治療薬は継続的に使用する場合には、通販サイトを利用した方が経済的です。

レビトラは短時間で強力にペニスを勃起させる効果があります。
10mgであれば約5時間、20mgは約10時間にわたって効果が持続します。食事の影響を受けにくいのも大きな特徴です。
病院で処方を受けることもできますが、通販サイトを利用して安く個人輸入することもできます。
コストを抑えてレビトラでED治療を行いたい場合には、通販サイトを利用するのがおすすめです。