レビトラジェネリック「バリフ」とは

バリフはインドの製薬会社が製造・販売しているレビトラのジェネリック医薬品です。
レビトラと同じ有効成分のバルデナフィルが含まれており即効性があります。空腹時に服用すると約20分でペニスが勃起し始めます。
約45分で血中濃度が最大となり、効果がピークを迎えるため性行為の1時間前に服用するのが一般的です。
レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤がありますが、通販サイトでは20mgのバリフを個人輸入できます。
価格は1錠あたり約200円と非常に安価です。

バリフはレビトラと同様に即効性があり、短時間で強力にペニスを勃起させることができます。
また価格が非常に安いため、日本でも人気があります。ただしバリフはレビトラと異なり日本国内では未承認です。
未承認の医薬品は基本的に輸入と販売が禁止されています。個人的な利用を目的として輸入することは合法です。
インターネット上には海外からの医薬品の個人輸入手続を代行する通販サイトが多数存在します。
個人輸入手続の代行も合法とされているので、安心してバリフを注文できます。

病院でED治療を受ける場合には、レビトラの10mや20mgが使用されています。
5mgは効果が弱いためあまり使用されません。10mgは約5時間、20mgは約10時間にわたって効果が続きます。
1錠あたりの価格は10mgが約1500円で、20mgは約1800円です。さらに診察料などが必要になります。
ジェネリック医薬品のバリフであれば、20mgの錠剤が1錠あたり約200円で購入できます。
有効成分はレビトラと同じバルデナフィルなので、効果の現れ方や持続時間などは同様です。

バリフなどインド製のジェネリック医薬品は非常に安価なので、費用を抑えてED治療ができます。
しかし2017年1月にインドの裁判所がバルデナフィルを含む製品の製造中止を決定しました。
現在は在庫品の輸出が続いていますが、将来的には販売中止になると考えられています。

バリフはもう販売されなくなるの?理由は?

インドでは製法特許が認められていますが、成分特許は認められていません。
これまでインドでは、製法を変更すればバルデナフィルを含むジェネリック医薬品を自由に製造できました。
レビトラはドイツの製薬会社によって開発され2003年に発売されています。日本で承認されたのは翌年の2004年です。
レビトラを開発したドイツの製薬会社が、インドでバルデナフィルを含む製品の製造中止と販売中止を求めて訴訟を起こしました。

現在インドではバリフなどバルデナフィルを含む製品の製造が中止されていません。
2017年1月にインドの裁判所が製造中止を決定したことが理由です。一方製造中止は認められたものの、販売中止は認められていません。
これまで製造された在庫品が残っているため、現在でも輸出が続いています。
日本からも通販サイトを利用してバリフなどのジェネリック医薬品を個人輸入する人は多数存在します。
インド製のジェネリック医薬品は安価で人気ですが、在庫品がなくれば販売中止となる見込みです。

現在はまだバリフなどバルデナフィルを含むインド製ジェネリック医薬品の在庫が多数残っているため、販売が継続されています。
インド政府が特許を無効化する特例措置などを講じれば、再び製造が開始される可能性はあります。
しかし実際にインド政府がそのような措置を講じる可能性は低いため、いずれは在庫品がなくなり販売中止となる予定です。

インド製のジェネリック医薬品は非常に安価で高品質なため、世界的に人気があります。
製法特許のみが認められ成分特許が認められていない特殊性が、インドで安くジェネリック医薬品を製造できる理由です。
バリフなどバルデナフィルを含むジェネリック医薬品は在庫品がなくれば販売中止となります。
一方他のED治療薬のジェネリック医薬品であれば製造が続いているので、バリフなどが販売中止となった後でも購入できます。