バイアグラジェネリック「ゼネグラ」とは

ゼネグラED治療薬と言えば、世界で初めて開発されたバイアグラを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
バイアグラには、ゼネグラというジェネリック医薬品があります。
バイアグラと同じ有効成分のシルデナフィルが配合されているので、同じ効果が期待出来ます。
ですが、ゼネグラの方が価格が安いので服用している人が多く人気が高いです。

男性は性行為の時に性的な刺激を受けることで海綿体への血流が増えて勃起します。
cGMPが血管を拡張して血流を増やすのですが、このcGMPを分解して海綿体への血流を遮断し、勃起しにくくするPDE-5があります。
有効成分のシルデナフィルはこのPDE-5を妨げる作用があるので勃起しやすくなります。

ゼネグラを服用するタイミングは性行為の1時間ぐらい前が良いです。
服用するのは1日1回1錠で次に服用する場合は24時間以上は間隔を空けないといけません。
空腹時か食後1時間以上間隔を空けてから服用すると効果を最大限に引き出せます。
なぜかというと、胃の中に食べ物が残っていると有効成分のシルデナフィルの吸収を妨げてしまうからです。
ですので、空腹時の方が安定した効果を得られます。

服用する時は水かぬるま湯で飲むのが良いでしょう。
脂肪分が多い牛乳などで飲んでも、有効成分のシルデナフィルの吸収を妨げてしまうので気を付けないといけません。
アルコールの影響は受けにくいですが、出来るだけ水かぬるま湯で飲みましょう。

ゼネグラは100mgなので服用する時はピルカッターなどで1/2にカットして服用すると良いです。
初めて服用する場合は1/4にカットして少量から試してみましょう。
ゼネグラは服用してから25分ぐらいで効果が出てきて、4時間ぐらいは効果が持続します。
ゼネグラを服用しただけでは勃起しないので注意が必要です。勃起には性的な刺激が必要になります。
ゼネグラを服用する前に副作用などの注意点はしっかり確認しておきましょう。

ゼネグラの副作用などの注意点とは

ゼネグラの副作用としては、発疹などのアレルギー症状や顔のほてり、血管拡張作用による頭痛や動悸、血圧低下によるめまいや消化不良などが報告されています。
この他にも鼻づまりや下痢、興奮や不眠などがあります。
これらの副作用はどれも軽いものなので、薬の効果が薄れてくれば副作用も治ります。
副作用がひどい場合は服用する量を減らしてみましょう。
服用してから4時間以上経っても副作用が治まらない場合や、重い副作用が出た場合はすぐに医師に相談したほうがよいでしょう。

心臓の病気を持っている人や重い肝臓病の人などはゼネグラの服用に注意してください。
心臓や血圧の薬などを服用している場合は医師に相談しましょう。
効果を実感出来ないからと言って過剰摂取するのは良くありません。過剰摂取すれば副作用がひどくなる場合があるので危険です。
焦らずに正しい服用方法を守ることが大切です。服用した後は出来るだけアルコールは控えましょう。
めまいなどの副作用がある場合は運転を避けた方が良いでしょう。

ゼネグラは日本のドラッグストアや薬局では販売されていないので、個人輸入で手に入れましょう。
個人輸入は法律で認められているので心配ありませんが、注意点があります。
個人輸入で購入出来るのは服用する本人だけなので気を付けましょう。個人輸入で購入したものを人に譲ったり転売したりしてはいけません。

個人輸入といっても難しいことは何もありません。
ゼネグラなどのジェネリック医薬品を取り扱っている個人輸入代行の通販サイトを利用すれば、誰でも簡単に購入出来ます。
偽物が販売されていることもあるので、評判の良いところで購入しましょう。まとめて購入できるのでとても便利です。