バイアグラジェネリック「カマグラ」とは

カマグラカマグラとは、バイアグラのインド製ジェネリック医薬品で、有効成分もバイアグラと同じシルデナフィルが含有されています。
同じシルデナフィルが配合されていることから、期待できる効果や副作用、注意すべき併用禁忌薬などはバイアグラとほぼ同じです。
勃起を妨げる酵素PDE5を阻害し、勃起を促す物質が分解されるのを抑制します。
同時に血管を拡張させ血流を促進することで、陰茎の海綿体に流れ込む血液の量を増やします。

服用してから30分から1時間くらいで効果が現れ、個人差はありますが4時間から6時間程度は効果が持続するのが特徴です。
薬の成分は腸から吸収され血液に流れ込む作用のため、胃や腸に食べ物の油分があると吸収が阻害されてしまうので注意が必要です。
なるべく空腹時に服用し、もしも食事を摂る必要がある場合は量を減らし脂肪分の少ない物を選びましょう。
しっかりと効果が現れれば、陰茎が強く硬い勃起を行うようになり、持続力も高まります。

バイアグラとの大きな違いは、種類の豊富さにあります。
カマグラは錠剤のほかに、水に錠剤を溶かして飲む発泡剤タイプや水がなくても飲めるゼリータイプ、口の中で溶かすか噛むチュアブルタイプがあるため、使うシーンごとに選べて便利です。
ゼリータイプとチュアブルタイプはフルーツの味が付いているため飲みやすく、味のバリエーションも豊富にあります。

カマグラの50mgと100mgがありますが、流通しているのは100mgがほとんどです。
しかし、日本人の体型や体質を考えると100mgは多く、副作用が強くなる傾向にあります。
初めての利用の際は半分にして飲むなど、自分の体に合った量を調節して服用することが大切です。

カマグラはジェネリック医薬品のため、入手方法は限られていますが先発薬より安いのが最大の魅力です。
先発薬と同等の効果を、安い費用で購入できるので気軽に利用できるようになります。
また、カマグラにはカマグラゴールドと呼ばれる、同じ製薬会社から製造販売されているバイアグラジェネリックも存在します。

カマグラゴールドとの違いはある?

バイアグラのインド製ジェネリック医薬品であるカマグラには様々な種類があります。
カマグラとカマグラゴールドという2種類の製品が存在しますが、これらは基本的に同じものです。
有効成分などに違いはありません。
カマグラはインド国内で流通している製品の名称ですが、カマグラゴールドは海外に輸出される製品の名称です。
日本からカマグラを購入するためには、個人輸入の手続が必要になります。
個人輸入手続を代行する通販サイトでは、カマグラゴールドが販売されています。

カマグラゴールドはバイアグラと同じ有効成分が含まれており、価格が非常に安いのが特徴です。
インドでは医薬品の製法特許のみが認められていますが、成分特許は認められていません。
そのため製法を変更して安価なジェネリック医薬品を製造できます。
またインドの製薬会社はインド政府から許可を得て活動しており、製品の安全性も優れています。
日本国内にも安いインド製ジェネリック医薬品を個人輸入してED治療を行なう人が多数存在します。

カマグラとカマグラゴールドは基本的に同じものです。
インド国内で流通するものはカマグラという名称が付けられていますが、日本など海外に輸出されるものにはカマグラゴールドという名称が付けられます。
カマグラやカマグラゴールドは日本国内で未承認の医薬品なので、輸入・販売が法律で禁止されています。
ただし個人的に輸入する場合は合法です。
通販サイトも直接的に輸入・販売を行なうのではなく、個人輸入手続を代行しているだけなので合法とされています。

自ら個人輸入の手続を行なうのは大変です。
しかし通販サイトを利用すれば、50mgや100mgのカマグラゴールドを簡単に個人輸入できます。
カマグラゴールドは50mgも100mgも1錠あたり約450円で販売されています。
インド製ジェネリック医薬品は非常に安価なので、バイアグラと比較して安い費用でED治療ができます。
以上のことからカマグラは安く買えて便利なED治療薬であることがわかったでしょう。こちらのリンクから購入することも可能なので、価格だけでもチェックしてみてはいかがでしょうか?