シアリスジェネリック「メガリス」とは

メガリスとは、日本でも認可されているED治療薬シアリスと、同等の成分を含有するジェネリック医薬品です。
含有量は10mgと20mgの2種類が存在し、勃起が不十分で性交に支障が出ている場合は20mgの服用がおすすめです。
通常の性交の満足度をより高めたいと考える場合は、10mgでも効果を実感できます。
含有量が多いほど副作用が強く出る可能性があるため、少ない含有量でしっかり効果を得られる場合は10mgを選びましょう。

メガリスの主成分は、シアリスと同じタダラフィルで、勃起を妨げる原因となるPDE5を阻害する働きがあります。
摂取することでスムーズに勃起を行うのをサポートする役割がありますが、性的な興奮を誘発したり精力が増強する効果は存在しません。
女性にとっては意味のない効果であり、基本的に勃起障害がある成人の男性が服用することを想定して作られています。

メガリスの服用方法は、性交の30分から1時間前に摂取するのが理想的です。
効果は服用してから30分から40分ほどで現れ、実際に効果を発揮するには性交やパートナーとの接触で性的刺激や興奮を得る必要があります。
微量のアルコールを飲んでも効果が弱まることはありませんが、空腹時に摂取することでより吸収が高まるのが特徴です。

メガリスは他のED治療薬と比べて、効果の即効性は優れていない物の、持続性が高いメリットがあります。
一度服用すれば、最長で36時間にわたる効果が期待できることから、長時間の性交を楽しみたい場合に最適です。
また、飲むタイミングの自由度が高いため、性交におけるプレッシャーを軽減できるのもメガリスが人気の理由です。

メガリスはジェネリック医薬品のため、先発薬のシアリスよりも安価に購入することができます。
ただし、日本では正式に認可されていない薬のため、クリニックなどで処方を受けることはできません。
入手方法としては、インドで直接購入するか、インターネットの個人輸出代行業者を利用するのが一般的です。

メガリスを女性が飲むとどんな変化が起こるか

メガリスにはシアリスと同じ有効成分のタダラフィルが使われているので、通常は男性が服用すると3時間くらいでペニス周辺の血行がよくなって勃起しやすい状態になる効果があります。
本来は男性用に開発されたED治療薬ですが、女性が飲むことも可能です。

女性がメガリスを服用すると、有効成分の働きで性器周辺の血流がアップして勃起と似たような状態になります。
性的刺激を受けやすくなったり、性器が膨張することで興奮したり性感が高まるような効果も期待できますが、シアリスのジェネリックは男性を対象として作られているので劇的な変化は見られません。

女性の陰核部分は男性のペニスと似たような構造なので、血管の拡張や血液の循環によってある程度の刺激があり性的快感を起こしたり軽い圧力でも刺激を感じやすくなるので、オーガズムに達する確率が上がるという意見もあります。
全ての人が効果を実感しているわけではなく、飲んでも全く変化がない人や頭痛、のぼせ、筋肉痛などを感じてしまう人もいます。

メガリスを飲んだことによって肉体的にはあまり変化がなくても、精神的に落ち着いてセックスに集中できたり普段よりも感じやすくなってオーガズムを得られたという経験者もいるので、女性にも使えます。
健康被害などは報告されていないので長時間のセックスを楽しむために利用することは可能ですが、本来は男性のED治療のために使われる薬なので大きな効能を期待するなら女性用の薬を使ったほうが確実です。

女性器は男性の性器とは構造が異なるため、正式に効果や安全性が証明されていない現在の状況ではメガリスを服用しても性的刺激や興奮はそれほど得られずほとんど変化がないのが事実です。